薬剤師の転職情報はどのように集めればよいのか

薬剤師のタイムリーな転職情報もチェックできますよ!

薬剤師の転職情報はどのように集めればよいのか

少しでも良い条件で仕事をしたいならば「転職する」という方法がありますが、薬剤師という資格があれば他業種よりも有利に転職ができるでしょう。

転職する場合に必要な情報は、求人情報だけでなく職務経歴書の記載方法や面接術など転職ノウハウも必要です。また年収の相場や職種の知識など薬剤師業界の情報など多岐にわたります。詳しくは下記をご覧ください。

ここでは、「薬剤師転職の情報はどのように集めればよいのか」について解説します。

直接薬局や病院から情報を入手するのが一番正確で早いです。実際に仕事をしている場合は薬剤師業界の知人から薬剤師の転職に人気の求人情報を得られることもあるでしょう。またインターネット掲示板や薬剤師専門の転職サイトを利用していてタイムリーな情報を得ることもあると思います。それ以外にはハローワーク・求人雑誌・求人広告なども考えられます。

ではそれぞれの情報収集手段のメリットを考えてみましょう。ハローワークの場合は毎週たくさんの薬剤師転職情報が集まり、職員が面接日時を設定してくれたり待遇面の相談ができ地域に密着しているという点があります。しかし現在仕事をしている場合は平日に休んでハローワークへ行くことが難しくて活用しきれていないケースが多いようです。

ハローワークの求人は他の求人サイトなどと比較すると残り物の場合もあるようです。また求人媒体に自社の求人を依頼する立場からみたら優秀な人材が欲しいのは当然ですだから「ハローワークよりも薬剤師専門の転職サイトに依頼をした方がハイクラスの人材を確保できる」と考えるのは当然です。

<<良質な求人は専門の転職サイトに集まる>>

良質な求人も薬剤師専門の人気サイトに集中しやすくなってきます。サイト上のみならず専任コンサルタントと面談して生の業界転職情報を聞けるので有利です。電話やメールのやり取りのみならず、直接顔を合わせて質問や相談できるサイトがほとんどです。

以上、「薬剤師の転職情報はどのように集めればよいのか」について解説しました。一押しは薬剤師専門の転職サイトが一番の転職情報源とみて間違いないでしょう。

薬剤師の転職先《保健所薬剤師》

薬剤師の転職先は、薬局やドラッグストアだけではありません。自身の適性や状況から、希望に沿った働き方を見つけ出すことが薬剤師の転職を成功へと導くポイントになるでしょう。 様々な働き方を知っておくことで、あなたの転職活動はぐっと可能性を広げるはずです。

ここでは、保健所薬剤師というお仕事についてお話し致します。

保健所薬剤師とは、その名の通り保健所で活躍をしている薬剤師のことです。 保健所という行政機関に勤めることになりますので、保健所薬剤師は公務員薬剤師だということになります。

MRなど企業で活躍する薬剤師を除けば、同じ薬剤師の中でも収入面では恵まれています。さらに、残業や転勤が少ないといったメリットもあります。また、公務員ですので福利厚生も充実しており、転職先に安定を求めるタイプなのであればぜひ選択肢に加えてみていただきたい働き方です。

とはいえ、もちろんいいこと尽くめではありません。保険薬剤師として活躍している薬剤師にも、デメリットは存在しています。例えば、上に給与について少し触れましたが、入職後にいきなり高収入が望めるわけではないのです。

収入アップは昇給をへてからの話ですので、むしろ入職したての頃は決して高収入の部類にはならないのです。つまり、「長く勤め上げること」を前提とした転職でなければいけないということですね。

さらに、保健所薬剤師は公務員ですので、とうぜんですが公務員試験をパスしなくてはなれません。そしてたとえ公務員試験を合格することができても、そのすべての薬剤師が保健所薬剤師になれるとも限らないのです。

公務員薬剤師の配属先には保健所の他に研究所や病院なども挙げられます。さらに保健所といっても、全国のどの地域に配属されるかはわかりません。

このように、国家公務員である保健所薬剤師にもメリット・デメリットが存在しているのです。 あなた自身の適性や状況と照らし合わせて、転職先探しを進めてみてください。

薬剤師の転職先《自衛隊薬剤師》

薬剤師の転職先、ときいて、どのような働き口をイメージするでしょうか?

一般的に印象強いのは、薬局やドラッグストアなのではないかと思います。ところが、薬剤師の皆さんが転職をする際、その選択肢はもっと多くの可能性を秘めているのです。

ご自分の適性や状況をもとに、ベストな転職先を見つけ出すためには、これら数ある選択肢を知っておかなくてはいけません。ここでは、自衛隊薬剤師という働き方についてお話し致します。

自衛隊薬剤師、という働き方は、あまり耳馴染みのないものかも知れませんね。その名の通り、自衛隊薬剤師とは自衛隊で活躍している薬剤師のことです。主な仕事内容では、自衛隊の各部隊において医療衛生業務を担っているようです。

自衛隊薬剤師以外の薬剤師と同様に調剤を行うことに加え、医療費の予算管理を担当しているのも自衛隊薬剤師です。

自衛隊薬剤師の存在自体があまり知られていない働き方ですので、自衛隊薬剤師の採用は毎年定期的に行われているのですが、応募は数が少ないと言われています。

とはいえ、応募が少ないからといって採用試験にエントリーすれば、だれでも簡単になれる職業でもないようです。まず自衛隊は公務員になりますので、自衛隊薬剤師には年齢制限が存在しています。 この年齢制限の時点で対象外となってしまう薬剤師も少なくはないかもしれません。

さらに筆記試験や小論文、口述試験、そして身体検査でふるいにかけられていくのです。自衛隊保健師を目指すのであれば、毎年自衛官募集のサイトをチェックすることと同時に、試験対策をしっかりとしておく必要もあるでしょう。

また、薬剤師に特化した転職支援サイトでも、ごく稀に求人が出ることもあると言われています。自衛隊保健師の求人は「必ず出ています」と確約できるものではありませんので、まずは登録し、更新される求人情報をこまめにチェックしていくほかありません。できるだけ多くの情報を収取し、少ないチャンスをつかみましょう。